ロイ エピローグ AI翻訳文

原文

ロイはせっせと世界に必要な氷を作ります。
ルーは世界の炎をコントロールしています。
人々は世界から機械の数をへらしていきました。
命にかかわる大切な機械も動いているので、全てを止めることはできません。
ロイとルーをたすけるために機械をつかったり、おさえたりして、世界のバランスを取っています。
以前のような便利さはなくなりましたが、みんなたのしそうにしています。
新しい幸せを作りはじめていました。

ロイは手のひらに乗るほどの氷の板を作りました。
歴史をきざめる『きらめきの氷』です。
永遠ではありません。
いつかは溶けてしまう氷です。
それでも、ロイは世界中の人々のところにその氷が届くよう魔法をはなちます。
ふだんは氷の表面に言葉も音楽も映画もあらわれません。
ただただそこには、もつ人の笑顔が映しだされているのでした。

おしまい

AI翻訳文

Roy is busy making the ice that the world needs.
Lou controls the flames of the world.
People reduced the number of machines from the world.
We cannot stop everything because vital machines are working.
I balance the world by using machines to cut down on Roy and Roux.
It’s no longer as convenient as it used to be, but everyone is looking forward to it.
I was starting to create new happiness.

Roy made an ice sheet that could fit in the palm of his hand.
This is the ‘sparkling ice’ that defines history.
Not forever.
The ice will melt someday.
Still, Roy makes magic happen so the ice reaches people all over the world.
Usually there are no words, music or movies on the surface of the ice.
It simply reflected the smiling faces of the owners.

The end