うつとコロナウィルスと外出自粛の話

どうも、もっさんです。

日々、おつかれさまです。

普段は時事ネタを扱わないのですが、さすがに避けて通れない状況なので
今日はいっちゃいましょう。

そうです。
新型コロナウィルスです。

うつー人の持つ才能が、隣の人を救う、という話です。




結論:うつー人は外出自粛のプロ

もうこれに尽きちゃいますよね。


「はいはい。そーゆーことね、了解OK分かった」


と思ったのなら、これ以上読む必要はありません。
今すぐに画面を閉じて、友達に『引きこもりの技術』を伝えてあげてください。
(でもせっかく書いたから最後まで読んでね)

ここでざっくりと、コロナの影響で受けている行動制限を挙げてみましょう。




【感染拡大を防ぐために】

・少しでも熱があったら休む

・不要不急の外出は控える

・なるべく人と接触しない





















これって










僕らの日常じゃん!









そうなんですよ。
僕らが普段から、呼吸するレベルでしている行動なんですよね。
これ自体、何も難しいことないんですよね。

外出自粛のプロである僕らに今、何ができるのか?

次、いってみましょう。




みんな、「家で何をしていいか」困っている

世間はコロナショック真っ盛りです。
感染的な不安、経済的な不安もさることながら、様々な制限に窮屈な思いをしていることが悪影響を及ぼしているように感じます。

そんな中、色々なところで「みんなでコロナを乗り越えよう!」という旗を上げる人が立ち上がっています。
大小に関わらずリーダーシップを取って人々を牽引するその姿は眩しく、っていうか眩しすぎて、若干の後ろめたさを感じていると思います。(僕だけ?)

自分にも何かできないかなぁと考えていたところ、みんなボチボチ家にいることに限界を感じているという話を聞いて驚きました。
僕らにしたら「家に引きこもっていい」っていうか「家にいろ!」なんて垂涎モノの話ですよね?
この「行動制限」とされていることが、日常である僕らに取って

『引きこもりの技術』を世間の人に伝えることが
うつー人の今できる社会貢献

という所に行き着いた訳です。




その「不安」は「動機」。


さて少し話が逸れますが、「コロナに対する不安」ありますかね?
もしあるとしたら、それは

「生きたい」

と願っているってことです。
これ、極めてポジティブですよね。
個人的には、うつー人にとって感染症よりも希死念慮の方が遥かに死に至る確率は高いと思っています。
(不謹慎だと怒らないでね)
そんなうつー人がコロナに不安を覚えるということは、


コロナにかかる

肺炎で亡くなる



という図式で、死を恐れていることになる訳でして、それは「生を望んでいる」ということですね。
(これ、僕が「消えたい」と思っている時に、顔面を大怪我して慌てふためいた思い出にもつながります。また別の機会にお話しします)

「コロナへの不安」

は、どうやら

「生きる動機」

になっています。




全うつー人に業務連絡です。

古今東西あらゆる引きこもりの技術を身につけてきた僕らにとっては、この先の数年間を外出自粛をされたところで、一度はちゃんと読みたかった NARUTOや進撃の巨人の造詣が深まるにすぎません。
しかし、世間はそうじゃないのです。


買い物に行きたいのです。(外出が今の自分に必要なのかを迷いまくって家と駅を三往復とかしません)


飲み会に行きたいのです。(二次会に行きたくないけど誘われないように注意したり迷ったりとかしません)


車で遠出したいのです。(まるでガンダムに搭乗しているかのような緊張感を味わいません)


その情動をコントロールできるように、僕らがエスコートしましょう。
オススメの映画、小説、音楽、マンガ、アニメ、膨大なストックがあると思います。
それらの素晴らしいエンタメの思い出を、今まで胸にしまっていた感動をシェアするチャンスだと思います。
スマホでタタタッと、レジャー派の大切な人に情報を送ってあげてください。
新しい距離が縮まって、この現状を一緒に乗り越えられるつながりが生まれると思います。

今すぐ『引きこもりの技術』をみんなに伝えてあげましょう!

外出自粛のプロである僕らには、それができます。
というか、僕らにしかできません。
いやいや、僕らがしなくてはいけないのです。




コロナ・チャンス

そして、このコロナショックが落ち着いた時に、今度はそのレジャー派の大切な人がオススメしてくれる場所に思い切って外出してみましょう。
お互いの世界が広がって、よりエンタメを、よりレジャーを楽しめるようになっていくはずです。
その時に

「あぁ、大変だったけどコロナで深まったことがあるな」

と笑顔で語り合えると思います。
これがコロナ・チャンスだったと言えるように、みんなで無いものを補い合ってやっていきましょう。
僕らの『引きこもりの技術』が、みんなに届きますように。
今日もめちゃくちゃ応援してます。


もっさん









季節はめぐる