『うつを強みに変える』とは?

どうも、もっさんです。
日々、おつかれさまです。

ここに来て原点に立ち返ると言いますか、
そもそも

『うつを強みに変える』

って、どーゆーことなのか?
今回のテーマはこれでいってみましょう。









【うつは殺さない。うつは生かしておく】

↑これ、結論です。
ここで

「あ、そーゆーこと。OKわかった了解ラジャー」

と思ったなら、もう読む必要はありません。
(でもせっかく書いてるから最後まで読んでね)
分解して説明していきます。




【うつを殺す】

僕は10年前に「うつ病」になり、通院、投薬、カウンセリング、セミナー・ワークショップ・読書などの投資による自己啓発と、様々な「うつを消し去る行動」に励んでいました。
ちょっと過激な表現をすれば、「うつを殺す」ことを目的として躍起になっていたんですね。

この身体の中のうつを消し去りたい、無くしたい。
不安や恐怖にとらわれて、人の目が気になって仕方がなくて、息をするのも自分の意志なのか分からなくなっているような「うつ」による支配から抜け出したい。
以前の、何も考えなくても「普通」でいられた自分に戻りたい。

そんな風に考えてました。
思い立った僕は、当時の職場を辞めて新しい生活をスタートします。
ポジティブに物事を考え、「以前の普通の自分」がしていたことをやるようにし、自己啓発で得た情報や知識を試しまくりました。
様々な

『うつから解放される習慣』

を取り入れて生活しました。

それを実践しながら毎日をすごしていたら、少しずつ成果が出始め、やがて寛解期が訪れます。
この時期の解放感は凄まじいものがありました。

「自分の人生を取り戻した!」

僕は望んでいたように、「普通」にしていられるようになりました。
不安や恐怖も消え、周囲の視線も気にならなくなり、積極的に他者と関わるようになって、思考も言動もポジティブそのもの。
万能感に浸りました。
鎖で縛られていたような心身の重さは消えて無くなり、羽が生えたように軽い心で、どんどん進んでいけるようになったんです。

新しい職場に勤めるようになり、同時に自分が叶えたい夢(作家になること)に向けての準備も並行して日々をすごし、ありがたいことに結婚、妻の妊娠、昇進、自宅購入など、人生の大イベントが続きます。
努力の甲斐で辿り着いた自信も手伝い、徐々に『うつから解放される習慣』を手放していきます。
いえ、正確には忘れていってしまうんです。
「もう何もしなくても自分は大丈夫」という慢心が生まれてしまったんですね。
はい、そうです。
次の展開が予想されますね。




【再発】

分かりやすっ!w
ドカンと再発しました。
その後、二ヶ月休職してからなんとか復活するのですが、
もう

うつ

治った!

また、うつ

っていう一度の寛解を経験したが故の、その揺り返しのダメージがめちゃくちゃ大きくて、以前よりも「うつの影」に怯えるようになりました。

またうつが来るかもしれない

って恐怖は、うつによるネガティブと寛解期によるポジティブとの『思考の綱引き』を増長させました。

不安なことに対して爆発的な推進力で後押ししたり
(ネガティブ要素にポジティブが働く)

楽しいことに対して異様な執着を持ってしまったり
(ポジティブ要素をネガティブに囲う)

両極のバランスがめちゃくちゃになってしまいました。

季節によって、日によって、時間によって、何気ないちょっとした出来事で、浮き沈みが細かく、そして大きくなって、その振幅から生まれる心のざわつきの波が、かなり激しくなってしまいます。
うつMAXの時に無意識で押さえていた『怒り』が、一気に表出したのもこの時期でした。




【うつって、なにもの?】

投薬、通院、カウンセリングを受けるほどではない。
それでも日々の中でくり返されるうつ的な気質の揺り返しに、心労は重なっていきました。
一人なら良かったのです。
最初のうつMAXと違って、家族がいます。
揺り返しの度に、大なり小なり妻と娘にも影響を与えてしまいました。
どうにかせねばと考えまくったんですが、波は激しくなるばかり。

ホントにもうダメかもしれない。

そんなギリギリの所まで落ちきった時に、ふと気づきました。

独身の時は、うつ的な影が現れたら一人きりになっていたんです。
誰にも会わず、気持ちが落ち着いたら外に出る。
不安になりそうな予定は入れず、自分が安心していられることにしか時間を割きませんでした。
思い返すと、うつ病になる前も、うつ的な影は僕の人生のいたるところにありました。

『以前のポジティブな自分』でいられたこともあったんですが、

『以前のネガティブな自分』も確実に存在してたんです。

うつの気質は、ずっとあった。

それが、グラスから水滴がこぼれるように溢れてしまったのが『うつ病』という現象になっただけだったと気づいたんです。

うつは、僕だったんですね。
僕の一部なんです。
僕の足を引っぱっているものでもあったんですけど、
僕を守っているものでもあった。

僕はうつを殺そうと思っていました。
寛解期が訪れ、うつを殺せたと思いました。
そして再発して苦しんだこの時も、またうつを殺そうと思ってました。
でも、殺せる訳なかったんですよね。

うつは僕だから。

僕らが生きているってことは、うつも生きているってことです。
でもそれは恐れることでもなんでもなくて、僕らは

うつと一緒に生きていける

んじゃないかと思い始めたんです。




【うつを生かす】

うつを認め、受け入れ、一緒にやっていく。
うつを消そうとしたり、無くそうとしたり、殺そうとすることで、うつは隠れたり、小さくなったり、死んだふりをしていたんじゃないかと思い始めました。

見つからないように心の片隅に潜む、うつ。

僕らが消そうと意識を向ければ向けるほど、うつはバレないように擬態し、着々とその身を育てていたんですね。
そしてきっかけが訪れた瞬間、ひょっこりと現れたんです。
これが再発の時に起こってる心の動きなんだと思います。

だから、光を当てることにしました。
うつにスポットライトを当てたんです。

「おまえはそこにいるんだよな。
 僕らを守ってくれたんだよな。
 もう消そうとしたりしない。
 一緒に進むのを手伝ってくれ」

そう語りかけてみました。
そして自分の左側で、うつと肩を組みました。
歩幅を合わせて歩いて行くことにしました。
今まではうつを置いてけぼりにしようとしてたから、後ろ髪を引かれ、足を引っぱられ、その内に後退するような状況におちいっていたと思えたんです。
今度は、うつの歩くペースを確認してあげよう。
うつな自分がいることをちゃんと認識した上で、行動していこう。
そんな風に意識と思考を整えました。

このタイミングで遊びの誘いに乗ると疲れちゃうかもな

とか

気分が落ち込みそうだから少し散歩でもするか

とか

うつをベースとして、自分の行動指針を決めていくんです。


「それっていつまでそうすればいいの?うつが治るまで?」


そんな期間的な疑問が浮かぶと思うんですけど、これ驚くことに

『一生』なんですよ。

死ぬまで続けるんですw
いや、絶望的なことなんかじゃ決してないんですよ!
(これに関しては後で説明します)




【『うつ病』と『うつ』は別物】

ここで明確にしておきたいのが『うつ病』と『うつ』を、全くの別物として認識することです。
『うつ病』は、病状が表出している状態です。
この時は病気なので、通院、投薬、カウンセリング等々が非常に重要だと思います。
これは個人が全うすべきことですね。

対して『うつ』っていうのは、これもう気質です。
性格。
性質。
特性。
特質。
キャラ。
性癖。
色んな言い方がありますが、スキルでもありますし、個性やオリジナリティ、もはや才能と言っても良いのかなと思います。

『うつ』の気質がネガティブな方向に傾倒しすぎて、体調を崩すまでに至った状態が

『うつ病』

なのかなと思うんです。

僕らはいつからか、どうやらずっと気を削いで来てるんですね。
ネガティブは才能なんです。
危機管理や安全確保の上に、周りの笑顔を咲かせたいと願ってやまない人種なんです。
そんな素晴らしい気質を、消すなんてもったいなさすぎます。

『うつ』は消さないで、活かす。

これが、僕らうつー人が進むための新しいひとつの形になるんです。

この『うつを強みに変える習慣』っていうのは、逆説的になりますが

うつを、自分の身につけたい行動を習慣化するための指針にする

てことなんです。
これ、もうめちゃくちゃ強烈な指針になるんです。
おそらく、もう何となく肌感覚で理解されてきているかと思うのですが、『うつ病の症状』に対する僕らの恐れって、半端じゃないですよね?
あの諸症状が表出している苦しみは、普通の人は耐えきれません。
僕らはうつー人だから乗り越えられる訳です。
あの苦しみをもう一生、これからの人生で二度と味わずに済むとしたら、結構なんでもやれちゃいません?




【うつを強みに変える習慣】

うつをベースにした行動を一生続ける、死ぬまで続けるって言うのが絶望的なことじゃないっていうのは、これなんです。
『うつを強みに変える習慣』を身につけるってことは、むしろ死ぬまで続けられる一生モノの習慣を身につけられるってことなんです。

うつと一緒に生きていく覚悟を決める。
うつを『うつ病』に変質させないように進んでいく。
うつを指針に「あらゆる習慣」を身につける力が跳ね上がる。

『うつを強みに変える』ことでざっくりと意識が変わり、思考が変わり、食事、運動、睡眠、これらが自然と変わってきます。

色々と試してきて、なかなか続かず歯痒い想いをしてきてるんじゃないでしょうか。
うつ病に良いとされると聞いて、でも挫折してきた習慣がたくさんありますよね。(僕のことですw)
それもそのはず、今までは「うつを治すための習慣」として、それらを行っていたからなんです。

うつを治すため。
うつを消すため。
うつを無くすため。

そのための習慣として、僕らはそれらを実践してた訳です。
実際に効果があったと思います。
勉強した習慣を続けることで、うつが治ったと思ってました。

それじゃ、うつが治り、消え、無くなったら、その習慣はどうなりますかね。

そうです
やめちゃいますよね。
そこなんですね。

うつを消そうと思ってて
うつが消えたら
「うつを消すための習慣」は
もう必要ないですよね?

ここで、僕らはうつに良いとされる習慣を手放してきてるんです。

「お、もう治ったっぽいぞ!よしこれで大丈夫!復活!寛解!」

ってなって、めちゃくちゃ細かく気にして積み上げてた習慣に別れを告げてたんです。
(自己判断で通院をやめたり、勝手に断薬してしまうのも、この時期ですね)

そうして日々をすごす中で、徐々に「…ん?」という違和感が重なっていきます。

「いやいや、もう治ってるから」

自分に言い聞かせるように、ポジティブな自分を奮い立たせます。
その押し合いは水面下で続きます。
どうなるか?
再発ですね。
これを大なり小なりくり返すことで、うつ病の再発率は回数を重ねる度に上がっていくんですね。

だ・か・ら!

『うつは消さないで、活かす』んですね!!

テンション上がってきましたね。

もう、うつであることを徹底的に受け入れます。 ネガティブに向いてる時はもちろん、ポジティブに向いてる時も、調子よく進んでる時も、自分の中にうつがあることを意識してあげるんです。
うつを指針にすることで、一生モノの習慣を身につけていくんです。

何度も言っちゃいますが、これは絶望的なことではありません。

うつだから散歩を続けられる。
うつだから筋トレを続けられる。
うつだから食事に気を遣い続けられる。

自分の中にうつがあるから、生きてる限りうつとは運命共同体なんです。
一生、うつと共に歩むんです。

今まではうつが消えたと思ったら、散歩やめてましたよね?(僕です)

今まではうつが消えたと思ったら、筋トレやめてましたよね?(僕です)

今まではうつが消えたと思ったら、食事に気を遣うやめてましたよね?(僕です。毎週金曜の夜に「自分へのご褒美」と称してアルフォートのファミリーパックを一人で食べてました)

うつは「気質」なので、消そうとするのはもう止めましょう。
そこはあきらめて良いんです。
大丈夫です。
『うつ』を『うつ病』にしないようにすれば、僕らが苦しくなることはありません。
むしろ『うつ』を受け入れることで、『うつ病』はまるで昔見た夢のような遠く離れた場所にいってしまいます。




【うつと共に生きる不安への救世主】

それでも、やっぱり『うつと肩を組んで歩いて行く』ってことに不安もあるかと思います。
でも、ホントに大丈夫なんです。
左側に『うつの自分』と肩を組んだ時点で、僕らの右側には『理想の自分』が肩を組んで来てくれてるんです。
光と影は、常にひとつなんですね。(#出たよ、この理論)
これからは、三人四脚で進んでいくんです。
うつが遅れて、足を引っぱってる時は、理想に声をかけて歩みをゆるめましょう。
反対に、理想が暴走することもありますw
そんな時は、うつのスローペースが空回りを解消してくれるでしょう。
(ここがまさに『うつを強みに変える』だね!)
その真ん中で、僕らは俯瞰する力が身についていきます。

うつも理想も

ネガティブもポジティブも

影も光も

全部、自分です。
全部あっていいんです。
うつは、反転させる力を僕らに与えてくれます。
こんな要素を持ってる僕らうつー人。
どうやら、最強ですね(^^)

「うわ、ホントにうつになって良かったー」

って言えるように、『うつ』のまま(『うつ病』じゃないよ!)楽しく生きていけるように、一緒にやっていきましょう。
めちゃくちゃ応援してます。

もっさん









夜明け前が一番暗い